張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

スペシャルコンサート2019 前編

今日は3月3日に行われた公開収録前編の放送日でした。

 

拙作アレンジ、新曲は

「春よ、来い」(フェリスフラウエンコーア)

 

再演は

「心の瞳」(フェリスフラウエンコーア)

「夜明けの歌」(杜の音シンガーズ)

「ブルースカイブルー」(Jスコラーズ)

 

でした。

 

新作アレンジについて、ネタバレ…

 

と思いましたが、、、

 

原曲の要素をお嬢様方程式にアレンジ。

フェイドアウトの曲なので、原曲要素のエンディングを付け足しました!

 

…で、ネタバレ終。。。

 

と、これだけではつまらないので、もう少し裏話など。

 

・今回の公開収録の新曲打ち合わせに出席した際に、なぜか話の流れで「フェリスのコンサートを聴きに行ったときに心の瞳を指揮の西先生と土屋先生がそれぞれ1番と2番の最初のところをソロで歌っていて、それがなんかすごくファミリーっぽくてあったかくて良かったんですよね〜感動しましたー」と言ったところ、周りにいたスタッフさんたちが、それいい!採用!土屋先生にぜひ歌っていただこう!と盛り上がり、土屋先生からもOKを頂き、歌って頂く事になったのでした。

土屋先生の歌声がホール全体に響き渡りましたね。

聴けて嬉しかったです♪

 

・その打ち合わせ時に「春よ、来い」をフェリスに!ぜひ!と推したスタッフさんの思い入れをしかと受け止めてアレンジに取り掛かり、「ここだよ!ここ!これをフェリスで聴いてみたいんだよ!」と熱く語っていたのでその熱さをしかと受け止めて書いた結果、そこで転調させてよりインパクトを持たせるという方法を取り、お嬢様たちにハンパない緊張感を与え、収録当日のリハーサルで隣で聴いていたアレンジャーの佐々木さんに、「ナツコさん…、この転調…」と言われたので「うん、鬼だよね」と呟くと、後ろにいた杜の音の指揮者、横山さんとピアニストの追川くんの苦笑が…。

でも、そんな難しいところを難しくなんて全然聴かせない演奏!完璧です!さすがでした!

 

***

 

フェリスのアレンジをこれまでも何曲も書かせてもらいましたが、いつも思うことは、私がこうしよう、こう書こうと思う前に、彼女たちのサウンドを想像すると自然と書く内容が定まってくるんですよね。

 

必要不可欠なオブリガードとか、必要不可欠なハーモニー。

こう鳴ったら絶対美しいだろうピアノの掛け合いのフレーズとかコード進行が、無理に捻り出さなくても頭の中で想像するだけでフラウエンコーア版が出来上がるという。。。

 

何年も携わった結果、というところもあるかも知れませんが、でもやっぱりフェリスに初めてアレンジした一曲目の「夢で逢えたら」から、私のフェリスへのアレンジの方向性というのは、最初から何も変わってないんだよな、と思うんです。

 

そうさせるフェリスフラウエンコーアのサウンドって、書き手にとって本当に有り難い存在で、滅多にない出会いだと思っています。

 

この番組を通じてフェリスの皆さんと出会えて、今までずっと弾き手だった私を書き手として認めてくれて、いつも私が書いた譜面の細部にまで心を込めて演奏してくれて、感謝の想い一杯で当日の演奏を聴かせてもらいました。

みんなの気持ちを、全身で受け止めました!

 

こういう瞬間があるから、音楽を続けています。

この日の演奏は、私の記憶にある数少ない「音楽を続けるモチベーション」のひとつとなりました。