張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

今年もやってまいりました!

毎年恒例の6月頭のバレエの試験で、今年も新しいグレードの曲を弾きます、46曲くらい…

 

で、いつものグレードの曲数を合わせたら今年も200曲近く弾くことになるでしょう〜…(遠い目)

 

さてそろそろ机にばかり向かってないでピアニスト要素も入れていかなきゃ間に合わないぞ。(身体が)

 

今の状態で全部弾いたら確実に腕も腰も背中もぶっ壊れちゃうので、ここから地道にコツコツと、弾ける身体にしていきます。毎年のことですが。

 

昨日はアレンジの清書を最後まで終わらせてから、新しいグレードの楽譜と音源でアーティキュレーションのチェックから。

 

バレエのピアノはもちろん踊るための音楽なので、楽譜に書いてあることだけ守れば良いというものでもなく、また楽譜に書いてあるアーティキュレーションが必ずしも合っているとは限らない、という事に数年前に気づき、それが分かってからは楽譜の情報よりも音源重視(ただしこれはバレエピアノに限る)という事で、自分が譜面から受け取る情報よりも音源のアーティキュレーションを譜面に書き込んだ方が、より踊りのための演奏に近くなる事が分かったので、まずはそこからが私の第一歩になります。(長い)

 

この作業をしていると思い出すのは、大学のときのソルフェージュの授業で、アーティキュレーションを譜面に書き込む課題がありました。


(多分授業だったと思うけど、もしかしたら浪人中についてたソルフェージュの先生のレッスンだったかも…。もう20数年前の事なのでうろ覚えです…)

 

譜面には音だけ、または全然違うアーティキュレーションが書いてあって、聴音と同じように音源、または先生の演奏を聴きます。

譜面にスラーやスタッカート、強弱を書き込むのですが、聴いて音を書くのと感覚が違って、慣れるまではすごく大変でした。


でも間違い探しみたいで面白かったけど。

 

こういうときに、あ、役に立ってるな〜と思いますが、一番は音源通りのアーティキュレーションを譜面に正しく書き込んで出版して欲しいなぁと思ったり…
まあ不備があることに対しての文句なんですが。。。

 

それにしても音源を聴いて思うこと。

バレエピアニストさんの演奏って、独特なリズムの取り方などはもちろんだけど、小技が効いてて凄い!と思います。

なーーんでそんなの軽々と弾けるのー??と思うようなレンジの広さや重音の取り方。
練習したって難しいでしょー!というような独特な音の並びのパッセージを難なく弾いていて、もうヤバイです…

ホントに素晴らしい…!

 

かなり弾きこまないと弾けない曲もいくつかあることが分かったので(もう自分の苦手な分野は弾かなくても分かる…)、通常レッスンで慣れていきながら、本番に向けて生徒さんと一緒の気持ちで私も試験に向けて今年もピアニスト業、頑張ります!