読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

1月17日放送分の感想。

2017年、「日本名曲アルバム」最初の放送でした。

 

拙作アレンジは、杜の音シンガーズの皆さんによる「知りたくないの」と、コールステッラの皆さんによる「ラ・ノビア」の2曲でした♪

 

「知りたくないの」の方は、とにかく美しいソプラノが聴きたくてアレンジした1曲です。

 

そして、びっくりするくらい要素が少なく短い原曲で、どれだけのことを盛り込めるか(さりげなく、くどくなく)ということにも挑戦しました。

 

これだけの少ない要素で出来ているにも関わらず、名曲として世に残っている曲をアレンジ出来て、更に素晴らしい演奏で返して下さる杜の音さんたちに形にしてもらえて、収録では終始うっとりしながら聴かせてもらいました♪

 

そしてステッラによる「ラ・ノビア」でしたが、こちらの方はまず原曲のメロ譜がなく、その書き起こしから始まりました。

 

初めて聴いた曲だったのですが、原曲にシューベルトアヴェマリアが入っていて、えー!なにこれ面白い〜!と思いつつも、歌詞を書き写していて、

 

「ん…?いつわりの愛を誓い?ひとすじの涙?どういうこと…??」と…。

 

この曲は、おそらく絶対に!結婚式では歌ってはいけない歌なのですね。。。
美しいメロディに一瞬騙されかけましたが、そういうことなのですね〜〜!

 

この曲が使われる回の特集のタイトルがまさか「結婚式で歌われる曲特集」とかじゃないよね…、と思ってしまいましたが、「よみがえる昭和歌謡ポップス傑作選」ということで私は勝手に安心しました。(笑)

 

放送の最後では先月行われたドリームシンガーズの仙台公演の様子が少し流れましたね!
この日は自分の弾くお仕事と日にちが重なってしまい、残念ながら駆けつけられませんでしたが、会場での様子が垣間見ることが出来てとても嬉しかったです。


次回の放送はラインナップを見る限り、拙作アレンジはあるのかな?ないのかな?という感じですが、、、また楽しみに放送を待ちたいと思います。


それにしても、「知りたくないの」でソロを歌って下さった4名のソリストさんたち、名前表記がなくて、あれ?と思いました。。。
載せて欲しかったなー。