張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

9月20日日本名曲アルバム感想。

 

本日の拙作アレンジ放送は、年1回の出演という超レアな武蔵野音大の皆さんによる「峠の我が家」

(人数多めの混声合唱ということで、響きを大事にアレンジしました。いつもの裏メニューは「ふるさと」です)

と、

ハルモニアアンサンブルの皆さんによる、五木ひろしのど演歌「細雪

(脱演歌で、とリクエストがあったので、ど演歌とクラシックの融合。そして若干やり過ぎの各パートの掛け合いも、ハルモニアの皆さんだったので素晴らしくまとまっていて感謝でした!やっぱり書いてて楽しい脱演歌シリーズ)

と、

同じくハルモニアで、沢田研二決意の名曲「コバルトの季節の中で」

(こちらは原曲自体が感動の名曲だったので、あまり弄らず仕上げました。沢田研二の歌い方が独特のリズム感だったので、ほぼ自分で採譜して譜面にしました。と、細かいところがとても難しい曲でしたが、さすがハルモニアさん♪文句なしの素晴らしい演奏でした!ノーストレス!!)

の3曲でした。

 

 

ところで、この日の収録では地震があり演奏中断、収録中断という珍しいハプニングが。
ちょうど昼休憩でスタッフさんたちと「東北の地震では〜」とか「九州の災害が〜」とか話していたので、地震を呼んじゃったかとビックリしました!

 

近況。

先日、ドリームシンガーズの初顔あわせ、リハーサルがありました。

選抜メンバーの皆さんのハーモニーを近くで聴かせて頂き、スタッフの皆さんと共に絶賛でした!

普段はスタジオで挨拶くらいしか出来ないメンバーの皆さんと話す時間もあり楽しい時間を過ごしてきました。

リハーサルはまだまだ続きます。

出来上がるまでの過程を聴ける機会もそうは無い事なので、出来る限り参加する予定です。

 

そんな中、通常収録の書きも控えていたり、バレエのワークショップでの演奏も控えていたりの日々ですが、若い世代の皆さんからパワーをもらって、喜んで頂けるアレンジが出来るよう引き続き頑張りたいと思います☆