読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

8月9日日本名曲アルバム感想♪

本日の放送ではワタクシのアレンジ曲がなかったので、一視聴者として楽しんで拝見しました♪

 

以下、非常に個人的な感想です。

ゲストの森麻季さん、とても美しいオーラと繊細な表現が超一流と感じられる素晴らしい歌声を収録の現場で聴く事が出来て嬉しかったです。

現場で森麻季さんの歌う姿を見ていたら、何故か「歌う人って歌うべくして歌っているんだなぁ…」というような事をしみじみと思ってしまいました。

先輩後輩関係にある杜の音シンガーズとのコラボでは初の試みである編成、ソプラノの山田華さんと森麻季さんお二人のソロ+杜の音さんの合唱+素晴らしいピアニストの山岸さんという超贅沢で超一流の皆さんのコラボ、本当に素晴らしい試みだと思いました。

 

そして、フェリスフラウエンコーアの担当曲では「夏をあきらめて」と「17才」が特に印象に残りました。

ソロも全体のハーモニーも、非常にフェリスらしいカラーで仕上げていてとても良かったです♪

またこの日の私の担当曲が無茶苦茶に暗い曲だったので(とても美しい名曲なのですが…)、現場で聴いていてこの素敵な2曲に救われた部分もあったり。。。

 

更にこの収録のときに初めての参加となったピアニストの高木梓さん。

収録では至近距離にカメラが近づいたり、本番はほとんどミスが許されなかったりと緊張感が否めない中での演奏となるのですが、初めてとは思えない堂々とした演奏で、繊細な曲もアップテンポの曲も彼女の音楽に対する勘の良さが垣間見れる演奏を聴かせて下さり、ぜひ今後ともよろしくお願いしたいなぁとアレンジャーとして思いました。

 

そしてそして、杜の音シンガーズの担当曲では「まつり」と「ビキニスタイルのお嬢さん」が印象に残りました。

杜の音さんが最初に歌った「ひと夏の経験」ではとても美しく繊細な「杜の音ハーモニー」(勝手に呼んでいる)を奏でていましたが、ガラッと雰囲気を変えての「まつり」が力強くて格好良かったです。

それぞれのソロもピカイチ!!

かと思えば「ビキニスタイルのお嬢さん」では上品さを失わないコミカルな演奏(演技…)を披露して下さり、ますます杜の音さん、向かう所敵なし(どんな曲が担当になろうと無敵)な印象です!

 

余談ですが当日の現場では私が到着した頃にはこの「ビキニスタイル〜」は撮り終わっていて、譜面を見せて頂くと男声のセリフに全部soloの表記があったので、休憩中に

「このセリフはどなたが担当されたんですか?」

と男性陣に尋ねると、

「はい」

「はい」

「はい」

「はい」

と次々手が挙がったのでビックリしてしまいました。

指揮をされた清水先生が、

「ぜひ放送をお楽しみに〜」

とお声かけして下さったのもあり、今日の放送予定曲の中で一番気になっていた1曲でした☆

 

放送後もリピートして何回も聴いてしまった…。。。

 

そして、一番最後に秋川雅史さんとハルモニアのコラボ「お祭りマンボ」。

こちらかなり初期のころの収録でしょうか…?

今や番組の顔、番組専属指揮者と言っても過言ではない指揮者の福永氏がバスパートで熱く歌っておりました。

更にハルモニアの女性陣、最近またお見かけするようになった男性陣等、このころはこの番組のことも、歌っている皆さんのことも全く知らずにいたのに、現在ではワタクシの拙作アレンジを歌って下さっているんだから本当に不思議だ…、と思ってしまいました。

演奏自体もとても素晴らしい熱演で引き込まれました☆

 

さてさて、来週は前回の放送150回記念の公開収録2時間スペシャルで放送されなかった曲たちの出番です♪

予告からして昭和音大の男の子に吹いてしまいました!

面白すぎる…!

噂によるとトークのシーンも流れるとか…♪

すっごく面白いトークが沢山あったので、全く放送されないのは残念だなぁ…と思っていたので嬉しいです!

 

今から放送が楽しみですー☆

 

(ちなみに今月中旬締め切り曲、残すところあと1曲となりました…!書けば終わる…書けば終わる…)