読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

2016年 1月5日 日本名曲アルバム2時間スペシャル感想。

2016年初、ということで、心機一転、こちらのブログにお引越ししました。

どうぞよろしくお願い致します。


(旧ブログはこちら。http://duoreunion.blog103.fc2.com


年末年始、冬休みの宿題と称したアレンジ仕事がたくさんあり、受験生みたいな日々を過ごしておりましたが、そんな中、2016年最初の放送での拙作アレンジは、フェリスフラウエンコーアによるコブクロの「蕾」と、昭和音大の女声コーラスによるシモンズの「恋人もいないのに」でした。


コブクロの「蕾」ですが、この曲に関しては特に指定がなかったので、ひたすらフェリスのお嬢様たちのイメージを損なわないよう、アグレッシブなところがあっても上品さを失わないということを気をつけながらアレンジしました。


最後の最後で出てくるソロも、ここだけ雰囲気をどうしても変えてから最後のサビに持っていきたかったので、ほんの僅かなソロでしたが、歌って下さった野田和佳子さんの繊細な声質が曲ととても良く合っていて、ソロにして良かったなぁと思いました☆


前回の「白い恋人たち」もそうでしたが、フェリスの皆さんの演奏は、とても私の理想に近い演奏なのでいつも本当に感謝しています。


今年もフェリスの皆さんと、どんな名曲アレンジができるか、今から楽しみです♪


昭和音大の「シモンズ」について。

こちらは最初から女の子たちだけで演奏することが決まっていたので、とにかく可愛らしさと若さを前面に出すアレンジを心がけました。


音楽的には、原曲がフェードアウトで終わる曲なので、何か軸になるものが必要だなぁと思い、イントロとアウトロを同じモチーフで締められるよう、雰囲気を損ねないようなオリジナルのメロディを入れさせて頂きました。


女声コーラスの明るさや優しさが出ている演奏で、アレンジさせて頂きとても嬉しかったです☆


さて、今日は打ち合わせがあり、3月放送分の宿題を頂いてきました。

またしてもこの番組と関わっていなかったら知らなかったな〜と思う曲のオンパレード。

アレンジャーさんたちは皆さんとても優しい方々なので、苦手なものが多いワタクシのワガママを聞いて下さる方々ばかりで、本当に有り難いやら情けないやら申し訳ないやらです…。


今年は自分の中で挑戦していきたいこともありますので、それらを実行したあとに自分がどう思うか、どう感じるか、などなど番組を通してアレンジャーとしてたくさん経験を積んでメンタルを強くしていきたいと思っております!


本年もどうぞよろしくお願い致します☆