張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

1月17日放送分の感想。

2017年、「日本名曲アルバム」最初の放送でした。

 

拙作アレンジは、杜の音シンガーズの皆さんによる「知りたくないの」と、コールステッラの皆さんによる「ラ・ノビア」の2曲でした♪

 

「知りたくないの」の方は、とにかく美しいソプラノが聴きたくてアレンジした1曲です。

 

そして、びっくりするくらい要素が少なく短い原曲で、どれだけのことを盛り込めるか(さりげなく、くどくなく)ということにも挑戦しました。

 

これだけの少ない要素で出来ているにも関わらず、名曲として世に残っている曲をアレンジ出来て、更に素晴らしい演奏で返して下さる杜の音さんたちに形にしてもらえて、収録では終始うっとりしながら聴かせてもらいました♪

 

そしてステッラによる「ラ・ノビア」でしたが、こちらの方はまず原曲のメロ譜がなく、その書き起こしから始まりました。

 

初めて聴いた曲だったのですが、原曲にシューベルトアヴェマリアが入っていて、えー!なにこれ面白い〜!と思いつつも、歌詞を書き写していて、

 

「ん…?いつわりの愛を誓い?ひとすじの涙?どういうこと…??」と…。

 

この曲は、おそらく絶対に!結婚式では歌ってはいけない歌なのですね。。。
美しいメロディに一瞬騙されかけましたが、そういうことなのですね〜〜!

 

この曲が使われる回の特集のタイトルがまさか「結婚式で歌われる曲特集」とかじゃないよね…、と思ってしまいましたが、「よみがえる昭和歌謡ポップス傑作選」ということで私は勝手に安心しました。(笑)

 

放送の最後では先月行われたドリームシンガーズの仙台公演の様子が少し流れましたね!
この日は自分の弾くお仕事と日にちが重なってしまい、残念ながら駆けつけられませんでしたが、会場での様子が垣間見ることが出来てとても嬉しかったです。


次回の放送はラインナップを見る限り、拙作アレンジはあるのかな?ないのかな?という感じですが、、、また楽しみに放送を待ちたいと思います。


それにしても、「知りたくないの」でソロを歌って下さった4名のソリストさんたち、名前表記がなくて、あれ?と思いました。。。
載せて欲しかったなー。

2017年明けましたが。

昨日からアレンジ作業開始です!

 

昨年末は有難くもバレエピアニスト仕事三昧でほとんどアレンジをする時間がとれず、気がついたら締め切りまであと数日…!!

 

バイです。

お正月気分でのんびりしていたらあっという間に締め切りが。。。

 

作家さんたちと一緒に仕事をしていたミュージシャンコーディネーター時代は、締め切りがあるお仕事ってなんかカッコいい…とか思っていましたが、とんでもないですね。

 

日々何かに追われる日常は、やっぱり精神的にキツイ。。。

 

どんなペースで書き上げられるかはある程度やってみないと分からないし、機械じゃないので気分的にも体調的にも左右される中、期限内に仕上げないとならないお仕事。

 

演奏を短期間で仕上げる訓練は学生時代に培ったものがあるけれど、作品を短期間で仕上げる訓練なんてほぼやらないですし〜…

 

学生時代、下手したら通年で2曲とかです。

自作曲を仕上げるの。

とことん掘り下げて、テーマと向き合って、自問自答しながら、師匠にアドバイスをいただきながら、、、

 

そんな感じでしか取り組んでこなかった「書くこと」に関して、仕事ではいきなり「2週間で3曲」とか、そういう事になるわけで。。。

(その2週間という期間中、他の仕事もあるわけでずっと譜面に向かえるわけでもない中)

 

新年早々さっそくブーたれてますが、今が訓練だと思って、2017年も精進いたします!

 

なんだかんだ言ってても、結局好きなんです。

アレンジも、作曲も。

 

年明け最初に取り組んでいるアレンジは、まるで少女マンガの主人公のつぶやきのようなアイドルソングです♪

原曲の可愛らしさをそのまま、書き起こしています。

 

さて、休憩終わり。

続きやってこよう。

年内最後の放送でした。と、1年間振り返り。

先ほど年内最後の放送がありました。

ちょうど年明け収録分のアレンジ作業をしていて1日中引きこもっていたので、休憩しながら拝見しました。

 

拙作アレンジはアンサンブルオアシスの「君こそ我が命」が流れました。

 

改めて、自分はとにかく自由に書きたい、自由にアレンジしたいんだなぁと過去作品を聴きながらしみじみ…。

 

この「君こそ我が命」は原曲要素が1ミリもないにも関わらず、多方面から嬉しいお言葉を届けて頂き、「女子力高いアレンジ」とリクエストはあったものの、ほぼ好き勝手にやったことがこんなふうに受け入れてもらえるとは…!と驚いた覚えがあります。

 

そんな2016年、この1年で手がけたアレンジの中で、アイデアや構成、演奏の素晴らしさ、全てをひっくるめて1番自分の心に残った曲は、ソプラノ歌手の幸田浩子さんとハルモニアアンサンブル女声のコラボでアレンジした「ゴンドラの唄」でした。

 

原曲の美しいメロディを自分なりにアレンジしていく作業がとても楽しかったです。

 

番組に関わり始めて来年で3年目に突入です。

たくさんの方々と関わりながらの音楽の仕事は、この仕事をしていなかったら経験出来ないような楽しいことや嬉しいことなどの反面、やっぱりどんな仕事でもあって当たり前ですが辛いことや納得がいかないこともたまに、本当〜にたまーーーにあります。

(でもその「たまーーーに」が自分の精神衛生上かなりよろしくないことなので結果大ダメージ…)

 

今年は何と言っても年明けの体調不良から始まり、精神的にも不安定な中で仕事をする大変さを経験しました。

が、そんな状況でも頼れる先輩アレンジャーさんたちの存在や、多くを引き受けられない私の状況を理解してくださりこちらのペースに合わせて下さった番組スタッフさんのおかげでなんとか1年間乗り切ることが出来ました。

 

なかなか落ち着かなかった体調もここ数ヶ月でやっと、本当にやっと!落ち着いている日々が続くようになり、精神的な乱れも起こらなくなって一安心しているところです。。。

 

健康第一!

 

そして今年の最後は結局、自分が最大級に苦手としている部分と向き合うこととなり、仕事とは分かっていても受け流すことが出来なくて、果たしてどうするのがよいかと前日まで悩みましたが、ふと思いついた方法でなんとか波風を立てることなく解決させることが出来ました…。

 

巻き込んでしまったピアニストさんには平謝り&感謝しかありませんでしたが、今後に繋がる良い経験だったと今は思います。

 

また別の収録日に、こちらがアレンジしたものを作り上げて下さった音楽の流れに対して、何のためにそうしているんだろう??と少々疑問に思う部分があって、「譜面にはそう書かなかったのですが、なぜそういう流れになったのでしょうか…」と指揮者の方に物申したとき、そうなった経緯を詳しく教えてくださり、どうにかして演奏も、アレンジした私の思いも両方ギリギリのバランスでおさめて下さった指揮者の方がいました。

無事に撮り終えてから指揮者の方に、

「すみません、無理を言ってしまって。本当にありがとうございました!」

と言うと、

「編曲者としてお名前が出るのは張替さんですし、こちらこそ申し訳ありませんでした」

と仰って下さり救われる思いでした。

 

自分でも不思議なくらい、音楽に対してだけはどうしても真剣で、未だに上手く対応出来ません。

2年経ってもなかなか慣れない諸々に、来年度はどの程度慣れていくものなのでしょう。

 

こんなブログの内容を見て、こんなことで悩んでたんだな〜1年前の自分は、と笑えてたりして…

 

歳は取っててもホントまだまだだなぁ、未熟だなぁ、ワガママで、好き嫌いが激しくて、自分の領域を侵されたら自分でもコントロール出来なくなるくらい激怒して、若いアレンジャーさんたちは文句も言わずに頑張ってるのに自分はなんて情けないんだろう…と落ち込んで、何かがあって激怒しては落ち込んでの繰り返し。(まあ今年はそれらが特別やたらと激しかったので副作用かも知れませんが…)

 

それでもアレンジすること、自分の書いた譜面を演奏してもらえることが何よりも何よりも幸せで嬉しいことなので、性懲りも無く続けています。

 

(そういや3年前はバレエピアノ関係で同じようなことがあったなぁ。。。

耐えられないことには状況を自分で変えたけれど、3年も経てば遠い昔のことのようだ…)

 

とにかく番組のスタッフの方々には頭があがりません!

普通仕事させてもらえないでしょ〜、というようなこのご時世で手書きをしているアレンジャーなうえに、普通クビでしょ〜、というようないろいろと面倒臭いワタクシでも受け入れて下さって、番組に関わらせて頂いている環境に感謝して、2016年のまとめを終わりたいと思います。

 

来年もアレンジに演奏に、自分の出来る範囲で頑張ります!

 

健康で過ごせますように…☆

(それが一番大事)

 

本日のクリスマス特集について。

拙作アレンジはフェリスフラウエンコーアの皆さんによる「もみの木」でした。

 

発注時に何も具体的な要望がなかったので、フェリスの皆さんはきっと賛美歌やクリスマスソングはたくさん歌ってきているだろうし、せっかくだからいつもと違うアレンジの「もみの木」があっても良いかな〜と、もし提出してリテイクが来たらオーソドックスなものに書き換えよう、と思いつつ、私がフェリスの演奏で聴きたいなと思うアレンジにさせて頂きました。

 

構成としてはシンプルですが、ソロのオブリガードや三和音の響きを大切に歌って下さり、全体をまとめる役目のピアノも合唱に優しく寄り添っていて、本当にイメージ通りの「もみの木」だったので、とても嬉しかったです☆

 

そんな放送日である今日、アレンジャー陣で集まり、忘年会をしてきました!

1年間のうちにあったいろいろなことを話し合い、同じ作業をしている仲間にしかわからない苦労や、感動したこと、共感しあえる事など、たくさん報告し合いました。

 

私は比較的収録日は自分の担当曲が少なくても朝から晩まで現場に入り浸っているのですが(とにかく生演奏を聴くのが好きなのと、たくさんの人が自分の役割をこなしている現場を見ているのが好きなので)、他のアレンジャーさんたちは他のお仕事もたくさん抱えていて、なかなかじっくりお話しする時間がなかったかな、と思っていたので、今日のような時間を過ごすことが出来てとても良かったです。

 

アレンジャーチームは年齢もバラバラですが、皆とにかく優しくて良い人たちなので、チームワークがとても良いのです。

それぞれに得意ジャンルもバラバラなのでバランスがうまくとれていて、お互いに無いものを持っているので尊敬し合える関係です。

 

そんな素敵なメンバーの中でワタクシは…いろいろと好き嫌いが出てしまう性格なので、自分の中でイレギュラーだと感じたことをなかなか受け入れられないのですが、他のアレンジャーさんたちに共感してもらったり励ましてもらいながら、また来年も良い仕事が出来るよう頑張りたいなと思いました。

 

今月はクリスマス時期ということもあってピアニストとして弾く仕事が多く、まだまだ本番も残っていたり、バレエピアノ仕事も年末まで特別クラスが入っていたりと、有難くもそろそろ新年最初の収録分のアレンジに取り掛からないと未来の自分が苦しくなりそうです。。。

 

せめて年越しはゆっくり出来るよう、明日からアレンジ作業とピアノの自己練を本格的にしていきたいと思っています♪

本日の放送2時間スペシャル、フライング解説。

本日の「日本名曲アルバム」、2時間スペシャル♪

 

拙作アレンジは細川たかしの「北酒場」です。

 

小さい頃から親が聴いたり歌っていたのもあって、しょっちゅうピアノで伴奏してたのでこれが仕事で発注されるとはなぁと、作業しながらププ、と吹き出し笑いが…

 

こんな面白い曲あんまりアレンジしないし、せっかくなので完コピを目指そう!と採譜作業に勤しんで、1番を完コピで書き終わり、途中放置で10/1に行われたドリームシンガーズのコンサートへ。

 

するとそこでお会いした番組スタッフさんから「北酒場アレンジする人だれ?」と聞かれ「ワタクシです」と答えると、「あれなるべくカラオケにしないで書いて欲しいんだけど」と言われ、まんまとカラオケにしていたワタクシ、真逆の要望を頂いてしまいビックリでした(笑)

 

番組でしか聴けないアレンジを、と念を押されて、ドリームシンガーズのコンサートも立ち会いつつ、続きの北酒場アレンジのこともずっとどーしよーどーしよーと構想を練っておりました。。。


締め切りも近かったので明確な方向性を決めて、一直線に書き上げたのが今日放送されるハルモニアアンサンブルバージョンの「北酒場」です☆

 

 

原曲好きの方(自分もそうです…)にも楽しんで聴いて頂けるよう原曲の要素もありつつ、オリジナルのアレンジの箇所もありつつの「北酒場」、聴いて頂けたら嬉しいです♪

本日の放送フライング。

今日放送の日本名曲アルバム。


なかなかに渋い特集ですが、拙作アレンジは三橋美智也さんの「古城」です♪

 

選曲家さんからの強い要望で、「古城」と「荒城の月」のコラボを一度聴いてみたい!とのことだったので、今までもさりげなく既存のメロディやモチーフを拝借してアレンジして遊んでみたことはありましたが、今回の「古城」に関してはあからさまに「荒城の月」が入っています。

 

提案して頂かなかったらきっと自分ではやらなかった事だったので、作業中もパズルをはめ込むみたいにピッタリ重なった時には1人で興奮してしまいました。

 

収録では演奏して下さったハルモニアアンサンブルの素敵なお姉さまに拍手して頂いたりして、こちらも素晴らしい熱演に心から感謝でした☆

 

 

本日はこの1曲だけですが、聴いて頂けたら嬉しいです♪

11月22日放送日本名曲アルバム感想

この日の拙作アレンジは2曲。

 

フェリスフラウエンコーアの皆さんによる「女のブルース」と「ルージュ」でした。

 

いつものように、アレンジ解説など。

 

「女のブルース」の方は、今までにも「〜のブルース」というのを幾つかこの番組内で編曲させてもらったので、ブルースシリーズとして選びました。

 

が…、、、

 

原曲のイメージそのままでフェリスのお嬢様たちに渡してしまったらあまりにもアレンジの意味がないなぁと思ったので、いつもの張替式お嬢様アレンジを使い、原曲の良さを活かしつつもフェリスのお嬢様たちに喜んで演奏してもらえるような内容で仕上げてみました。

 

収録当日、指揮者の土屋先生から、
「張替さんの苦労が伝わってきましたよ、良いアレンジありがとうございます!」と仰って頂き、ホッと胸をなでおろした次第です…。


(納品してから収録日を迎えるまで、リテイクの連絡がいつ来るかとビクビクしながら過ごしていたので。特にこの曲に関しては…)

 

演奏もフェリスのお姉さんチームの皆さんがとてもバランスのとれた美しいハーモニーで聴かせて下さって、いつものフェリスにはない雰囲気の楽曲提供が出来たかな、と思いました☆
憂いのあるラストの響きなど、大人っぽい雰囲気がとてもステキでした!


そしてもう1曲は対照的な雰囲気の「ルージュ」。
アレンジの中身のプランも原曲のメロディがとても綺麗だったので、オーソドックスな合唱風にまとめてみても大丈夫かな、、、と思いながら形にしました。


楽曲としては少々単調になってしまうような要素もあったのですが、ソロやピアノの間奏、短いですがアカペラ部分などを工夫して入れてみました。

 

 

今年もフェリスの皆さんには拙作アレンジをとてもステキに演奏して頂けて、大変感謝しています☆


また、番組外の活動の際も拙作アレンジ曲を演奏して下さっているとお聞きして、とても嬉しい限りです!

 

時間と労力を費やしたアレンジ曲が収録1回の演奏で終わってしまうのは内心とても寂しいことなので、繰り返し演奏して頂けるようなアレンジを提供出来て良かったなと思っています☆

 

また来年もフェリスフラウエンコーアの皆さんが輝くようなアレンジを提供出来たらと思っています。