張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

先日放送分のアレンジ解説です

5月8日の2時間スペシャルでは、


「かあさん」ハルモニアアンサンブル
「花街の母」Jスコラーズ
「わが人生に悔いなし」神野美伽さんとハルモニアアンサンブルのコラボ

 

の3曲が新曲アレンジで放送されました。


(島津亜矢さんの「感謝状〜母へのメッセージ〜」が再放送されてとても嬉しかったです!!)

 

では、以下解説諸々です。

 

「かあさん」
まずこの曲は4番までありますので、飽きっぽいワタクシは同じことの繰り返しはやりたくありません。

ですので、先に簡単に、

 

1番女声メイン
2番男声メイン
3番ソロ
4番アカペラ始まりで盛り上げる(母への気持ち)

 

という計画を立てて、打ち合わせの時に「原曲通りに〜」等の指定はなく、せっかくのハルモニアアンサンブル担当曲なので合唱として美しく聴こえるアレンジを心がけて書きました。

 

あとは1番から2番、2番から3番…と移行するときにそれぞれ工夫して(ほんの短い数拍の事ですが)こだわってみました。

 

するとすると。

 

この日のハルモニアピアニストは、なんと杜の音レギュラーピアニストのお一人、追川さん!

 

彼はどんなジャンルの音楽でも弾きこなす素晴らしいプレイヤーさんですが(しかも某回ではセリフまで…!)、私が個人的に素晴らしい〜〜!と唸ってしまうのは彼の歌心のある繊細な表現です。

 

しんみり系の音楽の時にその良さが特に涙腺を刺激されて泣きそうになるもので、うわ、ぴったりの人がいる…!今回の「かあさん」は絶対泣いてしまう〜〜!と内心焦りました。
(自分の担当曲で泣くアレンジャーいませんよね、冷静に仕事しろって感じですよね)

 

と、そんな心中を微塵もオモテに出さずにいましたら、追川さんの方から拙作アレンジを褒めて下さり、しかも私が勝手にこだわっていた「間の部分」を…
「3番が終わってアカペラ行く前とか、めちゃくちゃ良いですねっ♪」
と言って下さり、ひぇ〜〜っ!!でした…
(ひぇ〜〜っじゃなくてありがとうでしょうが…)

 

ですので、私も追川さんのピアノの繊細な音がとても素晴らしいと思っているので、お互いにお互いを褒め合ってテンションを上げる、という一幕もあり…(なんだそりゃ)

 

そんなこんなで、ずっと聴いていたいーと思っていたら曲自体が短いのであっという間に終わってしまいました〜

またいつの日か、ハルモニアアンサンブルと繊細な追川さんコラボがあると嬉しいです!

 


「花街の母」
こちらは非常にインパクトのある歌詞に、さてどうしたものかなと、しばらく歌詞と睨めっこ。

 

うーんうーん、とこの世界観を想像したり、やっぱり榎本先生に弾いて頂くからにはこういう展開が欲しいな、とピアニスティックな視点から考えたり、個人的な解釈ですが「花嫁姿が見たい親心」をヒシヒシと感じる娘という立場でもありますので(全然笑えない…)
やっぱりここはグッとくる演出をしたいな〜
親孝行のためにも…

 

とかなんかだいぶ私情も挟みつつのアレンジ開始前の気持ちをまとめ、原曲のインパクトが強い曲はなるべく原曲に沿うアレンジが良いと最近は思っているので、

 

1番、原曲要素で
2番、オリジナルアレンジ(ピアノをカッコよく)
間奏、榎本先生のカッコいいピアノが聴きたい
4番、原曲要素とオリジナルを合わせる

 

という事で無事に?まとまりました。

 

収録当日、自分で狙って書いたにもかかわらず、Jスコラーズの皆さんの表現力、そして榎本先生の熱いピアノにやっぱり
「♪そーれーーぇえは、おまえーーえぇの、はなよーーめすーがーたーー」
で熱いものが込み上げてしまい、ヤバイヤバイ!
皆さん素晴らしい!!!拍手!!!
と、カメリハで満足してしまいました。

 

榎本先生はカメリハが終わると必ず書き手の想いを聞いて下さるのですが、
「もう要求なんてなんもないです、はなよーーめすーがーたーー、が泣けます、自分で書いたのに」
と言ったらメンバーの皆さんにフフフフ、と微笑まれてしまいました……
変なアレンジャーだわ、ほんとに…

 

本番テイクもワタクシの想像を超えた熱演で歌いきって下さり、素晴らしい演奏に胸打たれた「花街の母」でした。

 


「わが人生に悔いなし」
いつもコラボはあまりやらないワタクシですが、前回神野美伽さんがゲストでいらしたときにすんばらしいパフォーマンスに心底感動してしまい、もし次があって、もし、担当出来そうな曲があれば書きたい!書かせて下さいっ!と思っていたら、打ち合わせ時の選曲表にこの曲のタイトルがありました。

 

わが両親は石原裕次郎のファンでもありますので、親孝行案件として、そしてこの曲のエピソードを歌好き両親からめちゃくちゃ聞いていたので、自ら挙手!

 

とはいえ、コラボなのでメインはゲストの神野美伽さん。
あまり自分色強くは絶対にやらないぞ!と思っていた数日後に制作側から、
神野美伽さんのピアニストは小原孝さんです」
との連絡があり、手が震えました!

 

小原孝さん、好きでお会いしたいピアニストの1人でした!!!

 

前回番組に小原さんがいらしたときのゲストははいだしょうこさんだったのですが、その回の収録はちょうど今のような、年間でバレエピアノの仕事が一番忙しくなる時期だったので、泣く泣く辞退…
小原さんにはお会いできなかったんです。。。

 

しかしその年のラフォルジュルネで小原さんのコンサートを聴くことが出来、小原さんの演奏に心底「音楽を楽しむって、こういうことだよね…」と、いつも気づくと真面目に時に悶々と音楽に取り組んでしまう自分に、
「もっと自由に、楽しんで良いんだよー」
と語りかけてくれているような演奏にとても感動しました。

 

そんな経緯もありつつの今回でしたので、もうテンションマックスで譜面に向かい、うわーー!!となりそうになるのを抑えながら、小原さんが弾いて下さると分かったらもういろんなアイデアが出てしまって止められません!

 

リテイクが来たら来たで、ワタクシの小原さんへの熱い想いを伝えてなんとかこのままやってもらえないかと言おう!と強気の姿勢で提出。

 

はい、リテイク、きました!笑

 

といっても、私が勝手に熱いアレンジをした部分ではなく、最後の最後に神野さんがソロで歌う形にしたい、とディレクターさんからの連絡。

 

この要望も、神野さんへの、この歌への熱い想いを感じましたので、音楽的におかしくならず不自然な流れにならないよう話し合って、今回の形をとりました。

 

収録当日、ついに小原さんにお会い出来る〜!とテンション高めでスタジオへ。
小原さんがリハーサル室に入って来られて、思わず「小原さんっ!」と言ってしまい、慌てて自己紹介…

 

そして本番前の打ち合わせを終えて、いざ収録!

 

私は、もう、たまげました。。。

小原さん、やっぱり凄すぎます…

 

私が書いた音符は決して省くことなく(めっちゃ書いてある)更にそこに「小原さんテイスト」を足して、めちゃくちゃ良いものにして下さっている…

 

こんなこと出来ますか?普通…

 

たとえば、書いてある音を弾かないで自分流にアレンジする、とかならあると思います。
コードしか書いてない、とか。
そういう場合なら自分流に弾く。あると思います。

 

でも、譜面の音を省くことなくさりげなくキラキラと付け足したり、譜面に書いてある音に更に音を足してより厚みを増して重厚なサウンドにしたり、、、

 

プラスをプラスするって言うんですかね、
私が書いた音はちゃんと弾いて下さってて、もう凄すぎてひれ伏したくなりました…!!

 

神野さんの魂のこもった歌と、小原さんの凄すぎる神ピアノ、そしてメインになったときの美しさがハンパなかったハルモニアアンサンブル。

 

なんかめちゃくちゃに凄い「わが人生に悔いなし」でした……

ボーゼン……

 

神野美伽さん曲が全て撮り終わり、小原さんにお声かけしてお話しをして下さり、お写真も撮って頂きました〜〜!!

 

「また、絶対コンサート行きます!1人ボレロ(小原さんがたった1人、ピアノソロで弾くラヴェルボレロ。エンディングに向かうまでのプロセスがめちゃくちゃ凄い、そして圧巻のエンディングに開いた口が塞がらなくなること間違いなしです)また聴きたいです!」
と最後までお見送り…涙

 

て、全然アレンジ解説になってない!笑

 

もうすみません…
昔からミュージシャンオタクなんでつい…

 

自分も弾いたり書いたりしますが、結局のところ素晴らしい演奏を「聴く」のが一番好きです…。
ミュージシャンの方々を心から尊敬しているアレンジャーなので、本当にすみません。。。


なんだかいつもと方向性が全く違って崩壊してしまいましたが、今回はこのへんで…

 

番組関係では、20日の公開収録に向けてのリハーサルやその他諸々が始動してます!


もしかしたら当日のお楽しみかも知れませんので詳しくは書きませんが、1曲は新曲アレンジ、そして3曲再演して頂くことになりとても嬉しいです♪

 

我々アレンジャーは一番大変な状況を終えているので(アレンジ譜面提出)あとはそれぞれリハーサルに立ち会うことだけだったりしていますが、本番はこちらもドキドキです。
客席から祈ることしか出来ませんので!

 

どうか皆様に楽しんで頂けるような日になりますように…☆

アレンジ解説前回放送分

前回放送分のアレンジ解説です!

 

「水色の恋」
時代背景や天地真理さんのことを調べつつ、詞を読んでいて気になった「白雪姫みたいな私」って何なんだろう??と引っかかり、作詞作曲した田上えりさん、田上みどりさんの事を調べ…

いろんなエピソードが出て来ましたが、結論から言って「深い意味はない」とのこと。


「フィーリングで可愛いイメージを出したかったから」だとか。

 

なるほど!可愛いイメージね!ということでアレンジの方向性は「可愛い」にプラスお嬢様要素、ということになりました。

 

収録のときも、とにかく可愛くお願いします、と言いましたがフェリスの皆さんはただでさえ可愛いので、念を押す必要なかったですね。

放送を聴いても、うん、可愛い。と何回も頷いてしまいました。


アテンションプリーズ
こちらですが、原曲を聴いて「男子の入る隙がない…」と絶望……
混声の発注だったのです。

 

歌詞の言葉使いや、まさにスチュワーデスさんをイメージする歌の内容だったりと、ここに男声を入れて影の役目にするより、いっそのこと女声のみの雰囲気で爽やかにハツラツと歌ってもらった方が原曲のイメージに近くなるんじゃないかなと思ったのでご相談後にそうさせて頂きました。

 

また、原曲で使われているいろんなパーツが個性的で、コード進行も面白いなこれ〜と思ったので、ほとんど原曲の要素を使ってアレンジしました。

 

イントロもどう当てはめたら原曲っぽくなるか、使える楽器はピアノしかないので何度かパターンを繰り返して自分で弾いたものを録音して聴き比べたりして試してみたり…。

 

ピアノに細かいパッセージが多くて小技の効かない私が弾くのは少々大変でしたが(提出デモ音源自作自演アレンジャー…)、本番ではピアニストの榎本さんがバッチリカッコよく決めて演奏して下さり、とてもありがたかったです☆

 

2番だけ、少し雰囲気を優しくしてみましたが、その他はかなり原曲寄りのアレンジで落ち着きました。

 

女声のみでこういう勢いのある曲のアレンジをする機会はなかなか無いので、書いている最中もとても楽しかったです!

 

アレンジ解説は以上です。

 

明日の放送は2時間スペシャルです。
番組ホームページを見て、おかあさん、かあさん、母、お母さんお母さんと母の歌スペシャルな前半で、タイトルだけ見てもなんかスゴイ…


その中での担当アレンジ曲は、
「かあさん」ハルモニア
「花街の母」Jスコラーズ

 

そして後半の男の生きざま名曲選では、
「わが人生に悔いなし」神野美伽ハルモニアコラボ
をアレンジしました!

 

明日は公開収録の練習に立ち会うのでリアルタイムでは観られませんが、名演が沢山あったので帰宅後にじっくり聴きたいと思います☆

いつものアレンジ解説その他

いまだに締め切りに追われていますが、今日は机から離れて移動時間が長いので、その間に。

 

家にいても常に仕事かまたはピアノの練習があるのでなかなか休まりません。

 

時々こうして遠出の仕事があると、道中でゆっくり出来るので嬉しいなーと思ったり。。。

 

 

4月24日は「再会」が放送されました。
こちらのアレンジについていつもの解説的なものを。

 

「再会」をアレンジすることになって、まず最初にしたことはネット検索…
こういう時代で時短が可能な世の中で有難いなと思いますが、とりあえず曲の時代背景、当時の状況、どんなふうにこの曲が流れていたのか、作曲家、作詞家の想いなどなど、調べられることは徹底的に時間の許す限りに調べてからイメージを作ってまとめていきます。

 

その中で「えっ?」と思ったのが、某ドラマのタイトルをたくさん見たこと。
どういうこっちゃ、と思って関連サイトに飛んだところ、クドカンさんの脚本ドラマの中でこの「再会」が劇中で流れたと。
ドラマ、最近見てないから全然知りませんでしたが、そんなふうに使われたりもする曲なのね、と思ったり。

 

というのもこの曲の歌詞の内容がとてもインパクトがあるからで、特に2番の「監獄の壁」なんてそれだけでずーーん…と何か重たいものを感じてしまいます。

 

しかし、主人公はまたいつの日か愛する人に会える日を信じているわけですが、それにしても切ない。

この世界観を洗足の合唱で、どう形にするか。。。

 

なんといっても皆さん若くてエネルギッシュで、明るいイメージがある合唱団なので、ここが一番の悩みどころでした。

 

じゃあちょっとだけ、原曲のイメージより若者なイメージ…なコードと、あとはどうしても女声がメインになる歌詞なので、せっかくの男声が常に裏方では勿体無いな〜というところから導いたのが、イントロと間奏の(出来る限り原曲を壊さない程度のどこかで聴いたことありそうでオリジナルだと分からない程度のありふれた)メロディーを作って当てはめることにしました。

 

それから、重たくなりそうな2番は女声ソロでピアノがオルゴール的なイメージで、なるべく軽く沈まないまま愛する人と共に過ごした過去を回想する間奏から3番へ盛り上げて、最後は切なく終わる、という形で落ち着きました。

 

久しぶりに、とても大変でした!笑

 

勝手な意見ですが、番組ももう5年目に入り、私が参加してからも3年。
今ではだいぶ各合唱団の個性、ピアニストさんの雰囲気や指揮者の先生とのコミュニケーションが取れてきたのもあって、この合唱団ならこういうアレンジ、という形が出来上がりつつあります。

 

私は性格的にもあまり冒険をするのが好きではなく、オーソドックスなものの方を好む傾向があるので、もし合唱団の雰囲気と原曲のイメージが違う曲を担当する事になった場合、この違和感をなんとか回避しようとする気持ちが強いです。

 

そんなわけで、この「再会」も洗足の皆さん前提で書いたアレンジなので、他の団体の演奏だったらこのようなアレンジにはなっていなかったかと思います。

私にとっても良い勉強になった一曲でした。

 

アレンジ解説は以上です。


5月20日の公開収録まで1ヶ月を切りましたが、今回は全団体という大所帯でのコンサート。
全員合唱とか、どうなってしまうのだろうか…
ステージに全員上がれるのかな、と勝手に心配していますが、当日のお楽しみにしておきましょう。

 

今回は忙しい時期に入ってからの発注だったので、残念ながら新曲アレンジは1曲のみですが、それでも一曲入魂で今回もコンサート用に熱い気持ちを込めてアレンジしましたので、会場で聴いて頂けたら嬉しいです!

 

次回の放送では2曲の新曲アレンジがあります。
また放送前か放送後にアレンジ解説をしたいと思います。

今年もやってまいりました!

毎年恒例の6月頭のバレエの試験で、今年も新しいグレードの曲を弾きます、46曲くらい…

 

で、いつものグレードの曲数を合わせたら今年も200曲近く弾くことになるでしょう〜…(遠い目)

 

さてそろそろ机にばかり向かってないでピアニスト要素も入れていかなきゃ間に合わないぞ。(身体が)

 

今の状態で全部弾いたら確実に腕も腰も背中もぶっ壊れちゃうので、ここから地道にコツコツと、弾ける身体にしていきます。毎年のことですが。

 

昨日はアレンジの清書を最後まで終わらせてから、新しいグレードの楽譜と音源でアーティキュレーションのチェックから。

 

バレエのピアノはもちろん踊るための音楽なので、楽譜に書いてあることだけ守れば良いというものでもなく、また楽譜に書いてあるアーティキュレーションが必ずしも合っているとは限らない、という事に数年前に気づき、それが分かってからは楽譜の情報よりも音源重視(ただしこれはバレエピアノに限る)という事で、自分が譜面から受け取る情報よりも音源のアーティキュレーションを譜面に書き込んだ方が、より踊りのための演奏に近くなる事が分かったので、まずはそこからが私の第一歩になります。(長い)

 

この作業をしていると思い出すのは、大学のときのソルフェージュの授業で、アーティキュレーションを譜面に書き込む課題がありました。


(多分授業だったと思うけど、もしかしたら浪人中についてたソルフェージュの先生のレッスンだったかも…。もう20数年前の事なのでうろ覚えです…)

 

譜面には音だけ、または全然違うアーティキュレーションが書いてあって、聴音と同じように音源、または先生の演奏を聴きます。

譜面にスラーやスタッカート、強弱を書き込むのですが、聴いて音を書くのと感覚が違って、慣れるまではすごく大変でした。


でも間違い探しみたいで面白かったけど。

 

こういうときに、あ、役に立ってるな〜と思いますが、一番は音源通りのアーティキュレーションを譜面に正しく書き込んで出版して欲しいなぁと思ったり…
まあ不備があることに対しての文句なんですが。。。

 

それにしても音源を聴いて思うこと。

バレエピアニストさんの演奏って、独特なリズムの取り方などはもちろんだけど、小技が効いてて凄い!と思います。

なーーんでそんなの軽々と弾けるのー??と思うようなレンジの広さや重音の取り方。
練習したって難しいでしょー!というような独特な音の並びのパッセージを難なく弾いていて、もうヤバイです…

ホントに素晴らしい…!

 

かなり弾きこまないと弾けない曲もいくつかあることが分かったので(もう自分の苦手な分野は弾かなくても分かる…)、通常レッスンで慣れていきながら、本番に向けて生徒さんと一緒の気持ちで私も試験に向けて今年もピアニスト業、頑張ります!

4/10のアレンジ構成投稿

4曲分なのでだいぶ長くなりましたが、やっとまとまりましたので投稿します!

 

・女学生
原曲を初めて聴いて、メロディの上がり下がりに驚きました。私が歌が得意じゃないから余計だと思いますが、ずいぶん上がり下がりの激しい曲だなぁと。よくこんなにサラッと歌えるなぁ〜。
そして詞の内容は明るいのに旋律が短調
短調だととことん深刻な音楽にしたくなってしまう〜
という事で、1番は原曲通りに。
2番は少し自分の好きなように遊ばせてもらい。
3番はそのミックス。
のような形をとることにしました。

 

演奏は私の中高母校の洗足学園音楽大学コールファンタジアの皆さん。
洗足の担当になるとリハーサルから立ち会って、懐かしの母校の土地を踏みしめます。
なんでこんな言い方をしているかと言うと、洗足は私が中高を過ごしていた遠い昔から今の今でも構内の工事が終わっていません。
私は勝手に「川崎のサグラダファミリア」と呼んでいます。
工事をしていない学校を見たことがないくらい、常に何かを壊しては新しい建物が建っています。
もちろん、懐かしの学び舎はもう影も形もありません。
懐かしく感じる建物は残り少ないですが、この土地に来るだけで、やはり懐かしさを感じます。
時々お世話になった先生にもお会い出来ますし、6年間過ごした母校はやっぱり良いものです。

 

ちなみに、同じく洗足学園音楽大学コールファンタジアのアレンジをされている荻野先生は、私が中学生の頃から高校を卒業するまで、楽典の授業でかなり頻繁にお世話になっていました。

 

先生の楽典の授業はとても面白くて、まず先生の声が小さくて聞こえないのでいつも賑やかなクラスがシーンとします。
それからまじめにお話しするのかと思いきや、ダジャレを効かせた楽語の覚え方を伝授して下さり、今でもそのダジャレを思い出して楽語を書いたり読んだりしているのは私だけではないはず…

 

社会に出て学生時代にお世話になった先生と同じ現場で再会出来るのはとても嬉しいことですし、いまでも先生の中には学生だった私の姿が残っているんだろうな〜と思うことも。
いつも気にかけて下さって有り難い限りです!

 

ふるさとのはなしをしよう
ゲストコラボはあまり担当しない私ですが(直前の手直しがあったりと手書きでは対応出来ない事も稀にあるので)このときは自ら挙手!
洗足のコラボ曲は1曲でも担当したかったのと、打ち合わせのときに原曲を聴いて、ほのぼのした良い曲だなぁと思ったので。そして後日、ゲストさんピアニストがステッラの兵頭さんということが分かり、彼女のピアノを非常に信頼しているのでとても安心しました。

 

曲も3番まであったので、
1番はなるべく原曲に沿った形で。
2番は合唱から。
間奏でピアノとソプラノのソロで爽やかに。
3番はアカペラからさりげなくピアノが入ってくる形で。

という構成で仕上げてみました。

 

収録当日も終始にこやかに接して下さった北山たけしさん。
この曲もたっぷりと歌い上げて下さったのでこちらからの要望は何もありませんでした。
情景が浮かぶような演奏がとても素晴らしかったです。


・小さな日記
この曲、ついにお蔵入りになってしまったかと思っていました〜〜!
放送されて良かったです…!!

アレンジ構成としてはやはり、3番にいきなりドラマがやってくるので、ここで何をしたいかを先に決めてから3番に入る前、出だし、エンディングとの対比、そして4番の雰囲気、と一旦順番をばらして構成を考えました。

 

収録当日、オアシスのピアニストはいつも水野さんですが、この日は収録初の里見ゆかさん。
収録は一発撮りという過酷な状況の中で、この曲の雰囲気を見事な集中力で丁寧に表現して下さっていて感謝感謝でした!
またも若い素晴らしいピアニストさんとの出会い。
またチャンスがあれば弾きに来てもらえたら嬉しいなと思っています。

 

・マイラグジュアリーナイト
さてこちらですが、原曲を聴いてなかなかのパワフルな歌唱に「……お嬢様アレンジでいくか、それとも…」と悩みましたが、原曲重視の視聴者の方すみません、私はフェリスの皆さんにはお嬢様の雰囲気を壊さず(時としてそれもアリだけど)、美しいハーモニーで歌って欲しいので、やはりお嬢様要素多めでアレンジしました!

 

出だし、サビ、ピアノソロ、サビ繰り返し、エンディング、全て美しく優しく優雅に包み込むような雰囲気での「マイラグジュアリーナイト 」になりました。

 

いつも歌って下さる皆さん、それから今回初めて私のアレンジ曲を奏でてくれたピアニストの高木さん、そして指揮者の土屋先生が、私のアレンジに込めた想いを、どこをどうやって聴かせて欲しくて書いてあるのかをいつも感じとって形にして下さり、こんなに波長が、音楽の感性が合う人たちに出会えるのってほとんど奇跡だなぁ…としみじみ思いながら聴かせて頂きました。

 

大げさな話ではなく、素直にそう思ってしまうんです、毎回。
こういうことってハッキリ言って、書き手にとって滅多にあることではないです。
少なくとも、私は。

 

例えばいくら素晴らしいプロフィールをお持ちの、世間的に素晴らしいとされる演奏家の方に初演して頂く機会があったとしても、その方と書き手の感じ方が必ずしも合うとは限らないし、こちらも今までの経験から「まず合うことはない」と思っているところからのスタートだと、それが普通だと思っているので、合わないからといって悪い演奏だったという事では決してありません。

 

たぶん、書いた本人にしか分からない感覚なんだと思いますが、「あぁ分かってくれてるな」と思える演奏家の人に出会えることなんて滅多にないですし、もし出会えたとしたら一生離さない。そのくらいの確率ではないかと思います。
それが大人数での合唱ともなったら本当に奇跡に近いんじゃないかと思うくらいのことです。

 

フェリスの皆さんにこの番組を通して演奏して頂いたアレンジ曲は最初から今まで、私の中では1曲も、何も変えていない方法でアレンジしています。
次はもっとこうしよう、次はもっと違うことをしよう、なんて1曲も考えていませんし、これからも奇をてらうようなことはしないと思います。
私が番組で初めてアレンジを担当した1曲目の「夢で逢えたら」からずっと、私がフェリスのアレンジにしていることは毎回同じアプローチですが、それでも全部に応えて下さりいつも感動を頂けるなんて、本当に素晴らしいことです。

 

語りが止まらなくなりすみません…

熱くなったところで曲の解説は以上です!

 

 

次回の放送では洗足の皆さんに演奏して頂いた「再会」が放送予定です。
シリアスな曲なので、明るい気分で聴いて頂くわけにはいきませんが、合唱バージョンの「再会」を楽しみにして頂けたら嬉しいです。

今日は2時間スペシャル!

日本名曲アルバム2時間スペシャル!

 

拙作アレンジは、

♪「女学生」(洗足学園音楽大学コールファンタジア)

 

♪「ふるさとのはなしをしよう」(北山たけしさんとコールファンタジアのコラボ)

 

♪「小さな日記」(アンサンブルオアシス)

 

♪「マイラグジュアリーナイト」(フェリスフラウエンコーア)

 

の4曲です!

 

いつものように解説を載せたいところなのですが、し、締め切りが〜〜!!

 

ちょこちょこと体調を崩してしまい、書ける日が少なくなってしまっているので、結構焦ってます!

 

解説、少しお待たせしてしまいますが、今日の放送を楽しんで頂けたら嬉しいです☆

どうぞよろしくお願い致します!

明日の2時間スペシャルフライング。

*注*

アレンジの内容に関するフライングですのでご注意ください。

 

 

 

明日3/6の放送では
杜の音シンガーズ「東京砂漠」、
フェリスフラウエンコーア「さよならの夏」、
昭和音楽大学室内合唱団「贈る言葉」、

OTTO GIGLI「明日はお立ちか」

(拙作アレンジ放送順)


の四曲が放送になる予定です。

 

杜の音シンガーズ「東京砂漠」のアレンジですが、久々の難産でした〜…

 

というのも、サビの繰り返しでフェードアウトの原曲だったので、これ、どうやって終わらせよう…と悩みまくりつつも途中まではプラン通りに書き進められたのですが、やはり終わり方が…。

なんかしっくりこない…。

 

数パターン作って携帯に録音し、数時間経って聴き直し…
それでもピンとこなくて1日置いて聴き直し…

 

とやっていたらわけがわからなくなり、最終的には一度テンポを落としてまたa tempo、そして力強くエンディングに向かう、という形を選びました。

(でも最後はダーーン……)

 

収録で実際の演奏を聴いた最初の感想。
ずいぶんカッコいい…
私の書いたものと思えない…

 

杜の音さんのおかげで、もう終始ため息ものの「東京砂漠」に仕上げて頂きました。


収録時に携帯に録音したのを何度も聴いては痺れてます…。
難産だったのもあったからホント嬉しいです…。

 

で、明日はこの曲が放送1曲目ということにもちょっとビックリしています。

 

しっとりなイントロで始まり、私の好きな杜の音コード(勝手に命名)でダーーン…とシリアスに終わるので。
(今までの杜の音さん担当曲もこのコードで終わるアレンジがやたら多いです。なぜか私の杜の音さんたちのイメージとして定着したのです)

 

この曲から始まる2時間スペシャルがどんな雰囲気になるのか楽しみです。

 


そしてフェリスフラウエンコーアの「さよならの夏」。


こちらは原曲が素敵だったのでほぼ原曲通りです。
それでもいつものお嬢様方程式に添って、フェリスの美しいハーモニーが存分に堪能出来る音域、音の重なりを選んで書きました。

 

2番ではサビで盛り上がり(広がり)が欲しかったので、対比として最初はソロで考えていたのですが、ちょっと寂しすぎちゃうかな?と考え直してデュオに書き直しました。

 

収録当日、このデュオの部分を歌ってくれたお二人がこの曲の雰囲気にとても合っていて、聴いていてジーンとしました。


その後からすぐに全員のサビで盛り上がるので、余計泣きそうに…。


アレンジしたのは自分なので地図を知っているはずなのに、こうして演奏で形にしてもらうと想像の何倍もの感動になって返ってくる瞬間が、いわゆる「報われる」ときなんだなぁ…としみじみ思いました。

 

放送で聴いて私ももう一度癒されたい1曲です。

 


三曲目は「贈る言葉」。


アレンジの打ち合わせで最初は自分の中の候補曲には入れていなかったのですが、誰もが知ってる名曲を担当するときにはイメージを裏切ることのできないプレッシャーもありますが、その反面、出来上がりが嬉しかったりもするので、1回は担当しておこうと決めて挙手しました。

 

どこを取っても誰もが知っているメロディーなのでメリハリをつけるために、どこかにソロを入れて音大生ならではのアレンジにしよう、と思いサビ前をソロにしました。

 

1番はバスソロからテノールソロ、2番はアルトソロからソプラノソロ、3番はその部分を全員で歌ってもらったので個人的にはグッときましたし、またこの曲が昭和の皆さんの雰囲気ととてもよく合っていたのでベストマッチで賞、でした!(勝手に。)

 

しかも、暗譜で演奏です!


ありがたやありがたや…。

 

四曲目のOTTO GIGLI「明日はお立ちか」は、まず歌詞の内容から調べるところから始まり、そのあとには音楽的なプランを立てました。

私の中で定番といえば定番なのですが、1番〜3番まですべて違う調で、詞の内容もその音楽プランからは外れていなかったので、3番で盛り上がるアレンジにしてみました。

 

ハーモニーも私の好きな音を選んで、曲自体はシンプルですが聴きながら情景が浮かぶような、切ない気持ちを込められるような雰囲気を心がけました。

 

オットジーリの皆さんにアレンジした初めての1曲。

これからも手掛けていけたら嬉しいなと思います♪

 

 

四曲どれも全く違う雰囲気の曲なので、楽しんで聴いて頂けたら幸いです。

以上、放送前フライング解説でした!