張替夏子の音楽ブログ。

張替夏子の音楽活動中心のブログです。

スペシャルコンサート2019 後編

3月30日に後編の放送がありました。

 


新曲アレンジは、

東京ラプソディー」(ハルモニアアンサンブル)

 

再演は、

贈る言葉」(昭和音楽大学合唱団)


でした。

 


新曲アレンジした「東京ラプソディー」について、少し裏話など。。。

 


打ち合わせ時では別のしっとり系の曲が決定していたのですが、今回のハルモニアアンサンブルの他の3曲が全て壮大な雰囲気の曲だったので、何か少し雰囲気の違う勢いのある曲の方が良いのでは?と数日後にスタッフさんから相談があり、東京オリンピックもあることだし、東京シリーズでのメドレー(確か「東京五輪音頭」「東京ラプソディ」「東京キッド」)はどうでしょう?と提案したところ、その中から「東京ラプソディー」1曲でハルモニアのオープニング的なアレンジをお願いしたいとのお返事だったので、明るく楽しく勢い重視、そしてハルモニアならではのアレンジをしてみました。

 


間奏も出来る限り短くしたので、結構あっという間に、アッサリ終わってしまい、その後のハルモニアの3曲がどれも凄かったのでバランス的にはもう少し何かやったほうが良かったかなぁ、と思ったのですが、当日聴きに来て下さった方から、

「1番短かったけど東京ラプソディーが1番良かった!当時を思い出して聴けました。あなたらしいステキなアレンジでしたね」

と後日メールを頂き、とても嬉しかったです。

 

 

***

 


今回のコンサート当日は、現在は別番組で仕事をしている番組初期に携わっていたスタッフさんが何人も助っ人で来てくれていました。


数年前までアレンジャーと制作チーム、又は合唱団との橋渡し役をしてくれていた、心強いスタッフさんたちです。


担当ではなくなってもコンサートのときに顔を出してくれたり、当日の沢山ある作業の1つを担当してくれていたり(多分貴重なオフ日だったんじゃないかな…、と。)、そういう姿を見て私もすごく嬉しかったし密かに感動していました。


聴きに来て下さるお客様も、遠方の方がいらしたり、このコンサートに向けて予定を調整して来て下さったり、そしてスタッフさんも今は別番組を担当しているのにお手伝いに来て下さったり…


ちょっともしかして、この番組って、視聴者の皆さんはもちろん、演者さんやスタッフさんにとっても、すごく愛されている番組なんじゃないですか…??

と思ったのは私だけではないはず。。。

 

 

毎回のように新曲アレンジがあったときとは体制が変わってしまいましたが、それでも今回のようなコンサートがこれからも続いていくと嬉しいなと思いました。

 

またの機会を前向きに、楽しみに、待ちたいと思います!

スペシャルコンサート2019 前編

今日は3月3日に行われた公開収録前編の放送日でした。

 

拙作アレンジ、新曲は

「春よ、来い」(フェリスフラウエンコーア)

 

再演は

「心の瞳」(フェリスフラウエンコーア)

「夜明けの歌」(杜の音シンガーズ)

「ブルースカイブルー」(Jスコラーズ)

 

でした。

 

新作アレンジについて、ネタバレ…

 

と思いましたが、、、

 

原曲の要素をお嬢様方程式にアレンジ。

フェイドアウトの曲なので、原曲要素のエンディングを付け足しました!

 

…で、ネタバレ終。。。

 

と、これだけではつまらないので、もう少し裏話など。

 

・今回の公開収録の新曲打ち合わせに出席した際に、なぜか話の流れで「フェリスのコンサートを聴きに行ったときに心の瞳を指揮の西先生と土屋先生がそれぞれ1番と2番の最初のところをソロで歌っていて、それがなんかすごくファミリーっぽくてあったかくて良かったんですよね〜感動しましたー」と言ったところ、周りにいたスタッフさんたちが、それいい!採用!土屋先生にぜひ歌っていただこう!と盛り上がり、土屋先生からもOKを頂き、歌って頂く事になったのでした。

土屋先生の歌声がホール全体に響き渡りましたね。

聴けて嬉しかったです♪

 

・その打ち合わせ時に「春よ、来い」をフェリスに!ぜひ!と推したスタッフさんの思い入れをしかと受け止めてアレンジに取り掛かり、「ここだよ!ここ!これをフェリスで聴いてみたいんだよ!」と熱く語っていたのでその熱さをしかと受け止めて書いた結果、そこで転調させてよりインパクトを持たせるという方法を取り、お嬢様たちにハンパない緊張感を与え、収録当日のリハーサルで隣で聴いていたアレンジャーの佐々木さんに、「ナツコさん…、この転調…」と言われたので「うん、鬼だよね」と呟くと、後ろにいた杜の音の指揮者、横山さんとピアニストの追川くんの苦笑が…。

でも、そんな難しいところを難しくなんて全然聴かせない演奏!完璧です!さすがでした!

 

***

 

フェリスのアレンジをこれまでも何曲も書かせてもらいましたが、いつも思うことは、私がこうしよう、こう書こうと思う前に、彼女たちのサウンドを想像すると自然と書く内容が定まってくるんですよね。

 

必要不可欠なオブリガードとか、必要不可欠なハーモニー。

こう鳴ったら絶対美しいだろうピアノの掛け合いのフレーズとかコード進行が、無理に捻り出さなくても頭の中で想像するだけでフラウエンコーア版が出来上がるという。。。

 

何年も携わった結果、というところもあるかも知れませんが、でもやっぱりフェリスに初めてアレンジした一曲目の「夢で逢えたら」から、私のフェリスへのアレンジの方向性というのは、最初から何も変わってないんだよな、と思うんです。

 

そうさせるフェリスフラウエンコーアのサウンドって、書き手にとって本当に有り難い存在で、滅多にない出会いだと思っています。

 

この番組を通じてフェリスの皆さんと出会えて、今までずっと弾き手だった私を書き手として認めてくれて、いつも私が書いた譜面の細部にまで心を込めて演奏してくれて、感謝の想い一杯で当日の演奏を聴かせてもらいました。

みんなの気持ちを、全身で受け止めました!

 

こういう瞬間があるから、音楽を続けています。

この日の演奏は、私の記憶にある数少ない「音楽を続けるモチベーション」のひとつとなりました。

CDのご案内(2012年発売)

2年間の浪人生活の末、念願の大学で作曲の勉強をし、更に2年間大学の研究科を修了した後、ミュージシャンコーディネーターとして音楽制作会社に就職しました。

 

自分が作ったり弾いたり、ではありません。

 

イチ社員として数々のテレビアニメやドラマの劇伴、ゲーム音楽、CM音楽、歌ものの録音にミュージシャンコーディネーターとして携わりました。

 

音楽が形になる瞬間に立ち会えたり、鳥肌が止まらないほどのパフォーマンスが目の前で行われたりと素晴らしい体験が出来た反面、視聴者側にいれば知らなくても良いことを知ってしまったり、そういう事があるのはどんな業界でも当然の事ではありますが、苦しいなぁと思う経験をしてしまったのも事実でした。

 

当たり前ですがどんな仕事だって楽しいだけじゃない。

ましてタクシーの止め方も知らず都会に近いところに住んでいながら六本木ヒルズも知らなかった世間知らずがいきなり音楽業界に飛び込んで無傷でいられるわけがない。

 

椅子に座っていただけでめちゃくちゃに怒られた経験をしたのも初めてでした(笑)

 

しかしそんな事があっても、なぜ怒られたのかを考え、次からは相手をイライラさせないよう(現場全体の雰囲気が悪くなるので)連絡が入ってきたかのように振る舞いました。

必要があれば納得がいかなくても自分が率先して謝りました。

 

そして子供の頃からなのでそういう性分なんだと自覚していますが、基本的にクヨクヨしたりへこたれる事があまりありません。

 

どちらかというと、怒りになり奮起するタイプです。

 

 

態度にあまり現れないらしいのでこうして言葉にしないと伝わらないようですが、深く傷つく事があってもだいたいにおいて悲しむのではなく怒りになっています。

 

しかし、その怒りや憤りが行動の原動力、自分で考えるチカラになっているんじゃないかと感じています。

 

音楽を作ることや奏でることから離れた自分が感じた様々な感情を音にしたのが退社して3年後の2012年に発売されたCD「私のコンパス」に収録されています。

 

*CD「私のコンパス」紹介ページ

http://www.jah.ne.jp/~sistema/catalog4.html

 

*CD「私のコンパス」通販ページ

http://www.jah.ne.jp/~sistema/mailorder.html#ORDER

 

 

テレビを通してアレンジャーとしての活動を知って下さり、私の音楽に興味を持って下さった方々にぜひ聴いて頂きたいです。

 

人間には様々な側面があります。

自分の角度から見えている側面とは違う側面があり、それを面白いと感じるか裏切られたと感じるか。

その裏切りでさえ面白いと思ってもらえるCDになっていると思っています。

 

番組のアレンジで定着したイメージとは真逆の音楽です。

 

ぜひお手にとって頂けたら幸いです。

 

以上、宣伝でした。

今日の放送感想

ドリームシンガーズコンサート、放送を拝見、拝聴しました…

行かれなかったのが悔やまれました…

 


当日の私の担当アレンジ曲は、今日の放送にはありませんでしたが再演で「サウンドオブミュージックメドレー」と、全員合唱の「この広い野原いっぱい」でした。

 


最後の最後で素敵に演奏して下さっていた様子が垣間見れたので嬉しかったです。

会場からも歌声が…

その場にいたかった〜〜。。。

 


来年のドリームシンガーズはどんな発展があるのか、今から楽しみです☆

ドリームシンガーズコンサート

今年も素晴らしいコンサートだったようですね!

はい…

昨年に引き続き…

体調不良で聴きに行かれませんでしたっっ


ガックリ……


猛暑の夏、ずっと元気に過ごしていたので何の心配もしていなかったのですが、コンサート前日の朝に突然の高熱。。。

 

前触れも何もなく熱が出るのは珍しいので、何の熱?何で熱??と思いつつ、インフルエンザのときのように関節痛も伴って非常に辛い。

 

よりにもよって、何でこんなときに〜!

と安静にしていましたが、熱は下がらず。

 

とても外出出来る体調ではなかったので、各所欠席の連絡をしました…涙。

 

年に一度のドリームシンガーズなのに。

 

昨年もちょうど退院したばかりで行かれなかったので今年こそ!と思っていたのに残念すぎました。。。

 

聴きに行かれた皆さま、今年の公演はいかがでしたか?

ぜひ感想を聞かせて頂けたら嬉しいです☆

 

***


今月も引き続きアレンジのご依頼、レッスンのご依頼、お引き受けしております!

 

お問い合わせ先:choconatsu2112☆i.softbank.jp

 

☆は@に変えて下さい。

 

ご連絡頂けましたら詳細を追ってお送り致します。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい♪

閲覧数桁違い

前回投稿した2時間スペシャルフライング投稿をたくさんの方に読んでもらえたようで、その閲覧数にとても驚きました!

 

番組をご存知なかった方や、西城秀樹さん、島津亜矢さんのファンの方などなど、たくさんの方に訪問して頂けてとても嬉しかったです!

 

少しでも番組に貢献出来たらという想いで綴ってきたこのブログですが、閲覧数が桁違いだったことから、西城秀樹さんファンや島津亜矢さんファンの方々の愛や繋がりをひしひしと感じました。

 

放送音楽に携わる仕事をするときには、まず自分の見えない場所で聴いてくれる人がいること、聴いている人がそれぞれにその曲にまつわる想い出やエピソードがあること(この番組に関しては特に)、そのことを忘れずにアレンジャーの立場として番組に貢献する、ということをこの番組で約3年間かけて学ばせて頂きました。

 

今回の2時間スペシャルではまさにそのことを、このブログによって改めて教えてもらいました。

明日は2時間スペシャルです。

明日の2時間スペシャル。
アレンジ新曲放送あります!

 

やさしさに包まれたなら(コールステッラ)
♪北の漁場(島津亜矢さんとJスコラーズ)
♪ブルースカイブルー(Jスコラーズ)


先日、番組のナレーターさんから、直接メールで「ブルースカイブルー」の感想が届きました…。

 

しばらく秀樹ロスだったナレーターさん。
今回のJスコラーズ版「ブルースカイブルー」を聴いて感動したとのことで、、、
番組を愛するスタッフさんから思いがけず感想を届けて頂けて、有難すぎて泣けました。。。

 

収録当日は私もJスコラーズの皆さんの熱演に、感動でスタジオでずっとウルウルしていました。

帰りがけにJスコラーズのメンバーさんが、
「今日もステキなアレンジありがとうございました!」
とお声かけしてくれたので、
「私は何もしてないです、原曲を壊さないようにしただけで!皆さんの演奏のおかげです!」
と言うと、
(秀樹ロスの秀樹ファンの方々にガッカリされないよう原曲尊重の方向性で書いたので特別なことは何もしていない…)
「いや、アレンジのおかげです!」
「いえ、演奏のおかげです!」
みたいなやりとりに…

 

アレンジのネタバレをすると、この曲はフェードアウトで終わるので、エンディングをどうするか自分で決めたことと、2つのメロディーが同時に奏でられるので、その部分をどう合唱で配置するか悩んだこと。

アレンジャーとして頭を悩ませたのはそのくらいだったのですが、演奏者の方やスタッフさんに受け入れてもらえて感謝感謝でした♪


そして、番組2回目の登場、島津亜矢さん!


前回番組で「感謝状〜母へのメッセージ〜」のアレンジを担当させて頂きましたが、その後、島津さんのステージを聴きに行ったり、テレビでもたくさん演歌以外の歌を聴いて感動を頂いていたので、またこうしてお仕事でお会い出来て本当に嬉しかったです♪

 

この日の島津亜矢さんの歌のラインナップの演歌はこの「北の漁場」一曲だけでした。
もちろん何を歌っても素晴らしいのですが、「北の漁場」のリハーサルが始まった途端、島津さんの演歌〜〜!!カッコいいーー!!と、居ても立っても居られず同じく島津さんファンのスタッフさんに駆け寄ってしまいました。。。

 

めーちゃーくーちゃーにー、カッコいいです。
痺れます、本当に。

 

で、アレンジもこちらは3コーラスフルだったので、同じことを3回繰り返すわけにはゆかず(私が飽きっぽいので…)、1〜3番全部違うアレンジとなっています。

 

この番組でしか聴けない「北の漁場」ですので、ぜひ聴いてもらえたら嬉しいです!

 

明日はハンカチを手元に用意して、テレビの前で待機したいと思います。。。